住み着く前に予防しよう!ハトの習性から撃退方法を考える

ハトの保護に関する法律とは?

ハトは鳥獣保護法によって守られています。そのため、乱暴な方法で駆除を行った場合は、法で罰せられることもあるので注意しましょう。ハトは人間に害をなすものではありますが、大切な生き物です。駆除したいのなら、法律に明るくハトの扱いに慣れている専門業者に依頼しましょう。

被害がないか定期的にチェック!ハトが住み着きやすい場所

  • 一戸建て住宅。ベランダや庭があるようなお家は特に注意が必要です。
  • マンション。ベランダへのハトの糞の被害が懸念されます。
  • 公共施設。公園など自然が近くにある場合は特に注意しましょう。
  • 駐車場。立体駐車場の梁などハトが留まりやすい場所が豊富です。
  • 商業施設。食べこぼしなどがハトを呼ぶ要因となります。
  • 医療機関。体力の弱った患者にハトの菌が感染したら深刻な事態を引き起こします。
  • 工場。広い敷地を有するため気付かぬうちにハトが住み着いていることがあります。
  • 寺院や神社。複雑な建物は見えない場所にハトが住み着きやすいです。
  • 倉庫。天井の梁など目の届かない場所に住み着いていることが多いです。
  • 橋。橋の下や欄干などハトが立ち寄りやすい場所が多いです。

住み着く前に予防しよう!ハトの習性から撃退方法を考える

ハト

ハトの習性を知って予防対策を練ろう

ハトは住み着いてから追い払うことは難しいので、あらかじめ住み着きそうな場所をいくつか挙げて予防対策を施しましょう。ハトが入り込みそうな隙間を塞いだり柱や手すりの上に物を置くなど、事前に対策を練ることが大切です。ハト避け方法はたくさんありますが、有効な方法とそうでないものもあるので、何が効果的かはインターネット上の口コミなどを参考にするといいでしょう。

現地調査を行う重要性

現地での調査を行えば、駆除方法と料金がわかります。他にも、気付いていなかった場所にもハトが巣を作っていることを指摘してもらえたり、現場に適した対策方法を教えてもらえるなどのメリットがあります。思っていたよりも費用を抑えられたり、その逆も考えられるので、業者にはすぐに依頼せずにまずは現場を見てもらって下さい。

業者に依頼した場合の費用目安

個人の住宅であれば、2万円程度から駆除を依頼することができます。状況によって費用は異なりますが、比較的手頃な価格で依頼できるでしょう。商業施設や工場は駆除が難しくなりますが、それでも安ければ5万円程度で駆除してもらえます。被害の相談や現地での調査を無料で行っている業者であれば、更にお得に依頼できます。

業者を選ぶ際に重視するポイントTOP5

no.1

料金体系が明確であるか

ホームページに料金が明確に記載してあるか確認しましょう。また、現地調査の際に、料金を明確に教えてくれるか確認しておきましょう。料金を尋ねたら言葉を濁したり、作業後でなければわからないという業者は、後々高額費用を請求することがあるので注意が必要です。

no.2

作業内容に関する説明

実際の駆除に使用する薬剤や方法について、詳しく説明してもらいます。内容よりも、業者の態度に注目しましょう。自信を持ってハキハキと応えられる業者は信用できますが、しどろもどろになるような業者は手慣れていない可能性があるので、他の業者に依頼した方が良いでしょう。

no.3

ハトの生態や法律に詳しいか

ハト駆除は、方法を間違えれば方で罰せられます。ハトを傷つけることもあるので、法律について詳しく知っているか念のため確認しておきましょう。ハトは駆除しても戻ってくることがあるので、生態を理解した上で作業してくれるのかという点も重要です。

no.4

作業日は別の日に設定

現地調査を行うことで、初めて作業方法や料金が決定します。現地調査後にはじっくりと依頼するか否かを考える時間が必要となるので、すぐに作業を行うよう説得するような業者は避けましょう。依頼主に考える時間を与えてくれる業者は、自社の駆除方法や料金設定に自信があるという証拠です。

no.5

オプションサービスの勧め

優良業者は、作業を依頼すればアフターフォローまで一貫して行ってくれます。薬剤の販売やハト撃退グッズの販売など、他のサービスを強く勧めてくるような業者には注意しましょう。提示された料金にどんなサービスが含まれているか、確認しておくと安心です。

広告募集中